2018年10月30日

その日常

夜が明けてしばらくすると、谷に降りて草を喰んでいたエゾシカたちが尾根を登り山に帰っていきます

そして同じ頃、海峡を渡る鳥たちも、谷の斜面沿いを舐めるように飛び回り群れを練り上げていくのです

鹿の頭上を飛び去るヒヨドリにも、それを見送る立派な角の牡鹿にも、特別な感慨などは無いのでしょう

生きることにただひたすらな者たちが集まる、この秋の岬をたまに尋ねる私の日常など

よほど小さな物なのかもしれません

07_52_38(079)-Edit_s.jpg
posted by yamasemicchi at 19:41| 北海道 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

百葉箱

我が家の寝室は家人の意向で真っ暗である。
故に壁掛けの時計は見えない。夜半にふと目覚めた時、スマホや目覚まし時計をまさぐって時刻を確認するのも億劫なことだ。
アマゾンのタイムセールで天井や壁に時刻を投影できる時計が安かったので購入した。
その時計には温度計もついており時刻と同時に投影できる。しかもBluetoothで接続できる外部センサーも付属している。
室内と屋外の温度を交互に表示するらしい。冬の朝など外気温を知ることは重要だ。

ということでセンサーを外に置くために百葉箱を作ることにした。
先人たちの例に倣って百均の鉢底皿で制作することに

12_23_48(001)_s.jpg


穴を開け、スペーサーを入れて重ねていく。センサーを入れて

13_46_06(002)_s.jpg


完成だ。とりあえずベランダに出しておく。風で飛ばないようにパラコードで縛っておこう

14_15_04(004)_s.jpg


時計本体と

14_19_19(006)_s.jpg


INとOUTが交互に表示される。

IMG_20180923_224126_s.jpg


IMG_20180923_224122_s.jpg


「どうだ!」と家人に自慢すると「寝るときはメガネを外すので赤いシミにしか見えない」との返事。
そっか〜
posted by yamasemicchi at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | 工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ヒグマ

落部から厚沢部に抜ける道でヒグマがいた。
まだ若いようでのんびりしてた。



これで3度目だけど、いずれも車の中からだなぁ。
渓流釣りとか、山歩きではあったことが無い。まあ、会わないように音とか煙とか出してるしね。
不幸な出会いはしたくない。
posted by yamasemicchi at 17:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 野鳥以外の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

ラーサイ

「ラーサイ」とはサイクリングに行った先でラーメンを食べる。

というわけで、乙部岳に登って

IMG_20180724_101348_s.jpg


ラーメンを食べてきました。

IMG_20180724_103804_s.jpg


姫川林道はヒグマが怖いので姫待峠まで車で。レーダー管理用道路を自転車で登ります。
ゲートは開いていたのでそのまま車でも良かったんですが、せっかく自転車を持っていったんだしね。
でも草刈りされていなくて見通し悪いので怖かった。笛を吹きながら登ります。

10_38_50(013)_s.jpg


景色も最高〜!

山頂付近にはエゾシオガマが咲いてました。
横向きに回りながら咲いている可愛い花よ。

10_45_52(026)_s.jpg


帰りは温泉で汗を流してスッキリ。
posted by yamasemicchi at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

夏の間の

仮住まい。ではありますが、
花があると和みますな。

15_19_02(039)-Edit_s.jpg


ただただ子育てのためにやって来て、己が法に従って生きている。
頭が下がります。

15_18_48(025)-Edit_s.jpg
posted by yamasemicchi at 20:27| 北海道 ☔| Comment(0) | Faces in Places | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする