2006年01月07日

濁川温泉 新栄館 (森町)

国道5号線から谷あいの道を濁川に沿って
さかのぼっていくと、突然回りを山に囲まれた
盆地が現れます。濁川カルデラですね。
今通って来た谷のどこかが崩れていたら
見事なカルデラ湖になっていたことでしょう。

地熱発電所があるくらいですから、温泉だらけです。
しかも、さまざまな泉質の温泉が湧いています。
その中で、今日ご紹介するのは「新栄館」
玄関で案内を請うても、なかなか現れません、
かなり大声じゃないと聞こえないみたいです。

昔からのお風呂は混浴で、脱衣場も申し訳程度の
ついたてがあるだけです。
混浴がどうこうではなく、今はこういう雰囲気の
温泉が少なくなりましたね。

昔は湯船のそこから湧いていたといいますが、今は
ちょっと確認できませんね。
無臭で透明なお湯の割に析出物(湯花)は多めです。
sineikan (194)-s.JPG

脱衣所にとてもすばらしいものを発見しました。
sineikan (200)-s.JPG
いろんな温泉にいったけど、こんな立派な鑑定板は初めてです。


posted by yamasemicchi at 19:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11430800

この記事へのトラックバック