2006年08月09日

おぼこ荘(八雲町)

oboko (267)_s.JPG

八雲町から熊石町に向かって峠の手前、ユーラップ川の支流鉛川沿いにあるこの温泉は、黄金伝説の眠る雄鉾岳の麓にあります。北海道に上陸した榎本武揚が、アイヌの親子に軍資金の埋蔵を依頼し、親子は巨木を目印に雄鉾岳の中腹に隠したのだそうです。
ホントでしょうか?そんなことを考えながら露天風呂から見上げれば、山々を覆う原生林は小さな私を笑っているようです。
内風呂と大きな露天風呂がありますが、この露天風呂は大きすぎて冬はちょっとぬるいです。

また、谷あいにあるため秋になると枯葉がそこに沈んだりしています。友人などはそれが気持ち悪いなどとほざきますが、山の中の露天風呂なんだから当たり前です。ここに限らずやれ、ブヨやアブに刺されたと騒いでいる人たちがいますが、山なんだから当たり前。それがいやなら都会の保養センターでもいけばいいべさ。

露天風呂には内風呂から階段を下りていくんですが、内風呂から見て左にずれているため男湯の露天風呂はちょうど女湯の内風呂の真下になります。以前それを知らずに、露天風呂で尻を出して泳いでいたら知らないおばさんに笑われました。春はこぶしや山桜を眺めながら、夏はアブをタオルで追いながら、秋は紅葉に染められて、冬は頭に雪を積もらせて、四季それぞれに幸せを感じることが出来るでしょう。

今年、宿泊施設を改築して随分綺麗になりました。
うん、これなら泊まってみるのもいいかな。と思いましたよ。
posted by yamasemicchi at 21:37| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アブ、怖い〜!
夏の露天風呂は到底無理な私です。
虫嫌いだと、何かと不便です。

今日もせっかくニセコに行ったのに
温泉にも入れず。
いいな〜、およぎたいな〜。
Posted by ひよこ at 2006年08月10日 00:39
おぼこ荘僕も好きですね。

宿泊施設が新しくなったなら泊まりたいな。
僕はぬるめでゆっくりが好きなのであの露天風呂大好きですね。
確かに葉っぱとか虫の事考えると嫌いな人には耐えられないのかもしれないけれど
前の川には鳥もいるしいい温泉だな〜。
Posted by 佐藤@函館 at 2006年08月10日 09:48
ひよこさん、
今年はアブも少ないよ。
ほんと、ここの露天は気持ちいいよぉ〜。
Posted by も〜 at 2006年08月10日 21:28
佐藤さん、
ねぇ、気持ちいいよね。
アブもアトほんのチョットの間だけだしね
でもね、露天に下りていく通路にヘビも出るんだわ
マムシじゃないから大丈夫!
ひよこさんには内緒だけどね。
Posted by も〜 at 2006年08月10日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22146364

この記事へのトラックバック