2012年12月19日

ひさびさ

長期にわたる放置プレーは華麗にスルー。
そういう訳で、カレーの話題などを。

先日江差方面に出かける用事があったので「檜山ご当地カレー」食べてきました
上ノ国町の道の駅「もんじゅ」で提供されている「夷王山Wカレー」。

iouzan_Wcurry.jpg

オムライスの中身はイカの入ったカレーチャーハンですが、イカの存在感があまり無い。
甘めのルーに卵の甘さがう〜ん・・・普通に美味しいけど、何かもっと主張するものがあっても良かったんじゃないかな。☆(近くに行ったら食べてみてください)

次は江差町の「だでめカレー」

dademekurry.jpg

イカスミの入ったルーは真っ黒。ちょい辛。イカリングフライのトッピング。と、ここまでは普通に美味しいんだけどご飯の上に乗っているつぶ貝とホタテを煮たやつ。
甘い。そして冷たい。いわゆる「箸休め」的な付け合せなのか?今ひとつ意図がわからない。
イカスミを入れたルーから、シーフードカレーを意図したのならもう少し工夫が欲しかった。
☆(近くに行ったら食べてみてください)

もう一つおまけに奥尻町の「なべつるカレー」

nabeturukurry.jpg

この日たまたまだったのかもしれないが、ご飯がベチャベチャで台無し。
アワビもいつ煮たのか判らないような悲しい味。ウロまで付けてこの冷たさはあんまりです。
具材を見るとシーフードカレーなのかと思うけど、全然シーフードの味がしない。ただ載せただけってやつ。
残念です。

そのうち全部制覇するつもりだけど、これまで食べた感想はもう少し味の方向性を明確にしたほうがいいんじゃないかと思う。名物を乗せただけでは少し寂しいと思うね。
posted by yamasemicchi at 22:20| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご当地ものっていがいとむずかしいよね〜

Posted by る〜 at 2012年12月20日 13:43
る〜さん、

カレーそのものの味に力を入れて欲しいです〜
Posted by マガン at 2012年12月20日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック