2009年02月08日

峠道

厚沢部町鶉から山に入って一番高い所
其処から見える乙部岳は普段日本海側から見る景色とは違った美しさがある。

連なる稜線が美しいのう。

IMG_1958-s.jpg

あの稜線をひょいひょい歩いたら楽しいだろうなぁ。
実際ひょいひょいは歩けないんだが。

小さい頃、小さな谷際に出来た雪庇(せっぴ)をワザと踏み抜いて遊んだっけなぁ。
稜線でやったら死んじゃうけど、浅い谷だと楽しいんだよね〜
でも川に落ちてビショビショになったっけ。
馬鹿みたいに遊べる時って貴重だよね〜。
posted by yamasemicchi at 22:23| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

山里は〜

冬。
函館市内はあんまり雪無いけど
山に入るとそれなりに積もってるね。
やっぱり例年よりは少ないんだろけど

IMG_0560-s.jpg

木古内から上ノ国に抜ける峠は好きな道の一つだから
仕事じゃ無くってのんびり走りたいねぇ。
posted by yamasemicchi at 23:17| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ウサギ キツネ

小さい頃、キツネは珍しかった。
ウサギの方がいっぱいいたな〜。

中学生の頃だったかな〜、スキーで山を歩いていたとき
丘の上に真っ白なウサギを見つけた。
なんだかダブダブの体に見えて、あのデブになら追いつけるかも?
ダ〜っと走って追いかけたけど、早い早い!
さすが野生生物。なめたらいかんぜよ。
あれが野ウサギを一番近くで見られた経験。

usa1950.jpg
posted by yamasemicchi at 22:36| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

冬の華

赤く〜咲いても〜♪   の方じゃ無くって
白い華ね。霧氷。

muhyou1925-s.jpg

谷あいの、ごく限られた範囲で出来てた。
お天気がいいので、どんどん融けてゆく
命短い華でした〜。

muhyou19313-s.jpg
posted by yamasemicchi at 22:17| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

星降る街角

函館星夜景

ワンッチュゥ〜!  なんてね。

実は昇ってるんだけどね。

hakodateyakeiのコピ2-s.jpg

結構条件が厳しいので苦労しました

まず晴れていること(w  
風もない方がいいよね、ぶれるから。
展望台で撮ったんだけど、あそこってロープウェイが着くと
微妙に揺れるんだよね。9時が最終なんだけど
それから始めると、10時になると主要な建物
たとえば五稜郭タワーとか、摩周丸とか、
元町教会群のライトアップが終わっちゃうので微妙〜

展望台以外の場所を探した方がいいかな?
どっちにしても11月14日で道路が閉鎖になっちゃうしね〜

ところで、函館の夜景がどうしてキレイなのかご存じですか?
今更申し上げることでも無いかもしれませんが
まず第一に地形ですよね。一つ巴のこの形がステキ。
そして函館山が街の南側にあると言うことです。
たいていの建物は南側に窓がありますから
多くの窓の明かりが函館山に向いているんですね

その窓一つ一つにある幸せが、函館の夜景をすばらしい物にしているんですね。(キザ〜)
ラベル:函館 夜景
posted by yamasemicchi at 22:42| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

HDRな紅葉

渡りが終盤になると紅葉もそろそろ終わり
さびしくなるね〜

14_32_06(012+HDR)-s.jpg

今年の紅葉はバラバラでイマイチでしたね〜
posted by yamasemicchi at 21:43| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

函館裏夜景とISS

ずっと狙ってたISS(国際宇宙ステーション)
でも観察好適な日に限って曇ってたり、仕事だったり、忘れてたり(w

仕事帰りに急いで準備したので、近場で何とか。
月も出てたりで条件もあまり良くないけど
初めてのわりにはよく撮れたと思う
もっといろんな場所で撮りたいねぇ。エヘエヘ。

ISS_001-s.jpg

Canon EOS 30D
TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
焦点距離 10.0mm
iso120 F5.6 SS10.0
8枚をコンポジット。
posted by yamasemicchi at 20:51| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

白神岬

野鳥たちばかりではなく、蝶も渡る岬。

アサギマダラがヒラヒラと高度をとって渡ってゆく

asagimadara(013)-s.jpg

蝶って、一見頼りなさそうな飛び方に見えるけど
実は結構高速で飛ぶんだよね
その体で何千キロも移動するなんてすごいな〜

asagimadara(016)-s.jpg


国籍不明潜水艦の領海侵犯あたりから、何かと騒がしい津軽海峡
対潜哨戒機も飛んでいる。

shuokaiki(011)-s.jpg


posted by yamasemicchi at 15:46| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ウサギ跳ぶ

obanasaki(005)-s.jpg

このように強い風で波頭が白く崩れる状態を
業界用語(w で「ウサギが跳ぶ」と申します

山背の風の場合、同じ風速でも北西風よりも
うねりがつきにくいような気がする。

見えているのは「尾花岬」
posted by yamasemicchi at 20:06| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

鮪の岬から

あ〜お〜ぞら〜るんるん

晴れると日差しは強いんだが、風が冷たいよね

s13_59_42(022).jpg

夏も終わりだ。
posted by yamasemicchi at 22:30| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

受け継がれるもの

それは、歴史だったり

s08uba36(127).jpg

伝統であったり

s08uba02(158).jpg

故郷を愛する心だったり

s08uba58(163-HDR).jpg

ラジバンダリ

s08uba52(191-HDR).jpg

ん?君も受け継いでいくか?

s08uba14(148).jpg

若さのエネルギーがはじけていく

s08uba10(248-HDR).jpg

s08uba10(224-HDR).jpgs08uba50(275-HDR).jpg

もっと若いエネルギーもはじけている

s08uba10(261-HDR).jpg

s08uba08(260-HDR).jpg

短い江差の夏の夜を山車の明かりが照らしてゆく

s08uba14(212-HDR).jpg

s08uba50(221-HDR).jpg

s08uba00(400-HDR).jpg




バッテリーの水素ガスにはご用心。


posted by yamasemicchi at 22:05| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

太田神社

せたな町大成地区にある太田神社。
昔は道が悪くて、行き止まりだし最果て〜って感じだったね
よく釣りに行ったっけ。そのころから本殿に登ってみたかったんだよね〜
今回近くまで行く用事があったので、トライ。

今は帆越トンネルが出来たから、すぐ着いちゃうね〜
これなら台風が来ても、地区が孤立することもないでしょう

早速、急な階段を登って行きましょう
傾斜もさることながら、階段の幅が狭いので踏み外しそうになるね

oota54(004)s.jpg

ひ〜、やっと女人堂に到着

oota36(014)s.jpg

どこにでも馬鹿はいるもんだ

oota22(016)s.jpg

急な斜面をロープに助けられながら、やっと本殿の鳥居に到着

oota54(023)s.jpg

そして、立派なキャットウォーク

oota20(025)s.jpg

最後の鎖場。これはもう信じて登るしかありません
信心の試されるところです。
不信心ものが登ると、どんどん鎖がのびてきて登っても登ってもたどり着かない・・・という話はありませんが

oota22(038)s.jpg

やっと着きました。
本殿にぬかずいて写真を撮らせて頂きます。

oota58(033)s.jpg

円空の仏像などが火事で焼失したのは残念なことですね〜

oota04(035)s.jpg

この谷も少しずつ崩れているんでしょうね

oota42(042)s.jpg

階段上鳥居の狛犬。なんかかわいい

oota02(079)s.jpg

子犬を踏みつけるという意匠は全国にあるらしい

oota22(089)s.jpg

海岸にある社殿の横には北海道最古の常燈籠を復元したものがある

oota04(096)s.jpg

明かりがつくまでいたかったけど、ほかにも用事があるので今日はこれまで。
ちなみに明日、明後日が太田神社のお祭りです。
チ〜、明日行きたかったな〜。

posted by yamasemicchi at 22:43| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

藻岩の滝、横滝

賀老の帰り道
冬に来たときはショボかった。今はいい季節だね

moiwanotaki14(151)s.jpg

”飛龍”を見た後じゃ、チョットかわいそうだけど
ま、「打たれる」にはこのくらいが丁度いいかもね

お隣の横滝。
横滝トンネルが出来てから旧道は通行止めになっているけど
せっかくグーグルマップにも載っている滝なんだから
駐車場くらいあってもいいんでないの?

yokotaki48(156)s.jpg

おまけの獅子岩
獅子というか、ゴジラというか、「神の獣」のオーガに似てる

sisiiwa02(172)s.jpg

看板の文字が見えないと思うけど
てっぺんにはアイヌの力持ちが担ぎ上げた岩があるんだって
みえんの〜

sisiiwa34(174)s.jpg
posted by yamasemicchi at 22:49| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

賀老の滝

先週冬季通行止めが解除されたそうなので
函館は曇りだったが、島牧の好天を期待して行ってみた。

風は強いが、瀬棚に入ると晴れてきた。ラッキーるんるん

おぉ〜exclamationすごい迫力ですよ。”飛龍”の名に恥じませんな。
でも以前の展望所に続く道は崩れてしまって行けないので
道がついている範囲で一番近い場所から見るとこんな感じ

garounotaki04(008)s.jpg

虹が、にじがぁ〜   見えない。
もちろん準備をしてきたので、行きますよ。滝下まで。
でもね、水量が多いし風も強いので河原にはいられない
まるで雨だよこりゃぁ〜

garounotaki36(019)s.jpg

実は右の崖を登るつもりだったので、スパイク長靴を履いてきた
磯では最強のスパイク長靴も、川の丸石では滑る、すべる。
転んで落水寸前。あぶねーな。
でも、ぬれた土には効果抜群。難なく旧展望所直下まで行けた。

garounotaki10(040)s.jpg

ヤターexclamation 虹が見えた〜

garounotaki16(069)s.jpg

少し上ると飛沫があまりこないので、少し前に出てみた

garounotaki28(088)s.jpg

虹が二重になっているのが見えますでしょうか?

garounotaki30(090)s.jpg

飛沫の隙間をぬって撮影しているので
三脚に乗せてスローシャッターを切っている暇はありません。
手持ちで何とか。

garounotaki32(131)s.jpg

ずぶぬれになって駐車場に戻り、後かたづけをしていると
4人ほど乗車した車が入ってきて、山菜採りの準備を始めました
一人の方が「どうですか、状況は?」と聞かれたので
私は「今の時期は水量が多くて最高ですよ」と答えると
その方は「いや、タケノさ・・・・」    そうですよね〜
「すいません、滝の写真を撮りに来ただけなので〜・・・」

タケノコ取りの人って、平気で笹藪に入って行くよね〜
オルゴールならしている人はすぐわかるけど
無音で藪が揺れているとドキッどんっ(衝撃)っとしちゃうよね〜
posted by yamasemicchi at 21:43| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

さてどん尻にひけぇしは〜

というわけで、今年の桜特別最後の登場は

石崎地主海神社の八重桜。

ishizaki48(014)-s.jpg


八重桜の桜並木ですから最後に、そして長く楽しめます。
さらに、八重桜の花びらは多い〜
舞い散り、散り敷いた花びらが〜美しい〜

ishizaki56(173)-s.jpg


花びらの絨毯を踏みしめれば、春の名残の色香も鮮やかにあなたをつつみこむ事でしょう〜

ishizaki24(198)-s.jpg


サラサドウダンも咲いている〜

ishizaki44(165)-s.jpg


posted by yamasemicchi at 22:20| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

桧沢の滝

桧沢の滝に行ってみた。
今年は春が早いから水すくね〜

hizawanotaki26(075)-s.jpg


落差のある滝の方が迫力あるけど
幅のある滝は涼しげでイイね〜

hizawanotaki50(106)-s.jpg


道端に咲いていたサンカヨウ

sankayou00(113)-s.jpg


オオバキスミレ

oobakisumire06(114)-s.jpg
posted by yamasemicchi at 22:29| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

出会いの滝も

新緑の中で見ると、より爽やか。

deainotaki48(248)-s.jpg


山桜も色を添えてます。

deainotaki50(256)-s.jpg


気持ちイイね〜。
posted by yamasemicchi at 22:32| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

今年も遅かった

松前の「血脈(けちみゃく)桜」

ketimyaku50(025)-s.jpg


毎年満開をはずしちゃうんだよな〜

「古桜 石仏様も 眺めをり」  なんちゃって〜

matumae56(044)-s.jpg


今年は特に早かったね〜
中咲きの雨宿りも盛りを過ぎようとしています

amayadori32(094)-s.jpg


同じく中咲きの糸括りも満開〜

itokukuri32(067)-s.jpg


松前藩の城下町として江戸や京都と交流があったためか
道内の他の地域では見られない植物も多い
もちろん、松前が温暖な地域だったから根付いたのでしょうけれど。
そんな竹林

matumae08(063)-s.jpg


龍雲寺のシロバナタンポポは散っていた〜。早い!

そして帰りの小径で見つけたこれ

shaga30(113)-s.jpg

調べてみたけど、どう見ても「シャガ」ですよね
道内の他の地域でも見られるのかな?
posted by yamasemicchi at 22:01| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

桜並木

戸切地陣屋のパイプラインもそろそろ見頃。
あと1〜2日くらいで満開かな?
週末でもきっと大丈夫。

zinya54(017)-s.jpg



ここは 君と手をつないで
 
ゆっくり歩こう

君の小さな手が指さす木漏れ日も 

さくらいろに染まっている

幼い君の時間は

駆け足で過ぎてゆくから

今僕はこの桜並木を 

君と手をつないで

もっとゆっくり歩こう

     (三上良子 「さくらなみき」より)


zinya10(036)-s.jpg

posted by yamasemicchi at 15:23| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

見頃です

北斗市大野地区向野にある法亀寺のしだれ桜

sakura54(065)-s.jpg


桜並木も結構ですが、こうゆう一本桜も良いものです。
昔より住宅も建ち並び、新道もできたのでバックの処理に困りますが
推定樹齢300年といわれる桜の見事さには変わりなし。

sakura48(101)-s.jpg


今日は雨が降ったり、晴れ間が出たりで忙しい。

sakura36(171)-s.jpg
posted by yamasemicchi at 19:37| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 道南の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする